FC2ブログ

声優♘志望遊戯

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『個性がないねぇ…ってそんなこと言われてもどうすれば!?って時の考え方』

2017.10.12.Thu.10:41
お疲れ様です、哲也です!


専門学校や養成所に行くとよく言われるのが、

『個性』について。


「個性がないねぇ」

「もっと個性があるといいんだけど」

もしくは

「個性だけはあるんだけどね」

とかね。


個性ってなんじゃい!ってずっと思ってました。

感覚的には分かるんだけれども、

数字で測るものでもないし。


逆に個性的な人とか芸能人とかを真似て取り入れようとすると、

「〇〇の真似だねぇ」

と、結局、個性がないことを痛感させられる。


個性があった方がいいのは分かる。

でも、一体どうやって身につければいいのよ!

と悩んでいたあの頃。


結局、個性って一朝一夕で身に付けられるものじゃない。

当たり前なんだけど、

でも、そこでは個性を求められるし、

そのギャップに混乱してしまうんだよね。


だから、今そこに悩んでいる人は、

じっくり腰を据えて取り掛かるといいと思う。


狂言師の野村萬斎さんのインタビューで

「まずは型をしっかりやる。

 無個性に、師匠のやった通りにやる。

 でもその内に、個性がその型から滲み出てきちゃう。

 それが型破りというんです。」

というような事を仰っていた。




初めから個性を作り出そうとして、作れるものではないんだよね。

色々な積み重ねのなかで形成されて行って、

その結果滲み出てしまうものなんじゃないかな。


勿論、キャラ付けして強制的に個性をつけてしまうやり方もあるだろう。

でも、それも長期的に見れば積み重ねの一種。


結局、試行錯誤してって、

そのうちに個性がつくってこと。


個性がないんじゃなくて、

まだ熟成中と思って、

悩み過ぎないようにしよう。


個性だけを追い求めて、

芝居の方が疎かになっていった人もたくさん見ているからね。




人気ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ 声優志望へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。